南カリフォルニア・Baja 砂漠ツーリング

  At first page 1 of 5 Next page


プロローグ

 長らく振りのツーリングである。ソロである。野宿である。カリフォルニアの砂漠である。
 きっかけは、91年夏のコロラド。KDX200によるオフロードツアー。90年暮れにテキサスのジャックのバイクツアーでメキシコのカッパーキャニオンを走り、 コロラドではフランソワというフランス人と知り合う。彼は、元プロのエンデューロライダーであり、Baja1000などにも参戦している。 日系人を妻とし、サンディエゴ近郊在住。
 92年冬、友人も少ないNYのクリスマスを独りで過ごすに耐えかね、1年振りにフランソワに電話する。彼はSunsetOffroadという名で、 フランス人相手にバイク・4駆ツアーを企画している。バイクレンタル、Baja1000のサポートもやる。
 XT600を2週間レンタルすることになる。出発前にコースについて、詳細な地図をもとにアドバイスを受ける。
ツーリングコース図

NYからサンディエゴへの飛行機から。空港へはフランソワが迎えに来てくれた。


1992年12月21日

朝9時。Temeculaにあるフランソワの自宅にて、出発前。

フランソワと息子のジュリアン。ホンダモンキーに2人乗りで見送ってくれる。

フランソワの自宅近くのダートで、軽く練習走行。ついでにフランソワに走行写真を撮ってもらった。 ソロツーリングなので、これが唯一。

R371、Anzaの集落を過ぎたあたり。

標高3000フィートの看板を過ぎ、R74でSan Bernardino National Forestへ。 どんどん登り標高4000フィートの看板。

San Bernardinoの山並み。

ビスタポイントに寄る。

ビスタポイントから、Coachella Valleyの平原とPalm Desertの街、 その向こうにはLittle San Bernardinoの山並み。

Indioで食料を仕入れて今日のメインのダートに入る。標識はないので、地図とトリップメーターで計った距離 を元にあとは勘しかない。この標識はオフロード使用制限を表すもの。車、バイク、徒歩などに分かれて制限がある。

どんどん走ってゆくと道はなくなり、ウォッシュと呼ばれる水無し川に沿っていくことになる。 4駆、バイクの轍があるので道のようにはなっているが、川床のダートで砂と玉石。一年以上のブランクで 筋力もなく、なかなかXT600を操れない。とにかく転ばぬように走ってゆく。

谷はくねっていって、どんどん深くなり視界がきかなくなる。一見行き止まりのように見えるが、 走ってゆくと回り込んでさらに道が続いている。 分岐が結構あり道に迷いそうになる。フランソワの アドバイス通り一番メインらしいルートを進む。


3時を回り冬の短い陽が西に傾きはじめる。狭い谷を抜けて開けたところで4時。ここでテントを張る。

張っていると、4時半くらいで陽は沈んだ。ビールを飲みながら夕暮れの空を見つめる。頭が空っぽになる。 静寂。風の音。夜は満点の星空。寒さはそれ程でもない。このルートが正解であることを祈るのみだ。


(走行:110マイル)


12月22日

日の出前に起床。昨夜は大風でひどかった。ペグが砂地用でないので風で抜けてしまった。8時前に出発。 ルートはどんどん険しくなる。山の頂上へ向かっての急な登り。荷物満載のXT600ではとても無理だ。 しかし景色は雄大。南方にはSalton Seaがみえる。地図には載ってないが、インターステートハイウェイ I−10 の方に向かう道を下り、I−10に無理やり入る。

国立公園のJoshua Tree National Monumentに行く。これがその名の由来のJoshua Tree。 辺りは奇岩がごろごろしている。しかし寒い。


標高5185フィート(1500m)のKeys ViewからSalton Sea、San Jacinto Mtns.、メキシコを望む。 寒風吹きすさび、寒さはピークに達した。

Queen Valleyで右折してダートイン。これが本来登ってくるべきだったダートの反対側入り口だ。 ダートは適度なワインディングで50〜60MPHで快走。乾いた沢沿いに下る。舗装路に出るとBerdoo Canyon Rd.とあり、 昨日のダートの入り口は1〜2マイル外れていた。

勝手知ったるIndioの街でまず砂地用のテントのペグを買う。R111を南へ。もう3時過ぎ。 本日の野宿地、Painted Canyonはすぐ見つかった。ダートをどんどん入ってゆくと 左右には高さ数十メートルの断崖。ちょっと開けたところにテントを張る。ビールを飲むころには陽 が暮れた。

(走行:128マイル)


12月23日

朝、出発してダートの終点まで行く。フランソワによると、絶壁の道は、探検すればバイク1台しか通れない程 の細いものもあるようだ。


Painted Canyonを出るとまた展望が開け、前方に山並みとSalton Seaが見える。


  At first page 1 of 5 Next page



メインに戻る








JAlbum 5.1

inserted by FC2 system