リハビリ・ツーリング

2021年6月11〜12日

とうとうGX750でソロキャンプツーリングに行きました。最後にソロやったのは・・・ 渡米前の1987年、XLR250Rで行った佐渡?  だとすると、35年前? 
訂正: 1992年にレンタルのXT600で行ったBajaでした。ということで、29年前だな。
1994年、2度目の渡米でバイクを手放し、2005年に復活後は常に子供と2人だった私も、そろそろリタイアに向けて子離れしてリハビリしないといけないのでね。

2021年6月11日(金)

天気予報で来週は35度くらいの酷暑になるとのことで、急遽金曜を休暇にして一泊キャンプを目論みます。平日なので通勤渋滞を避けて早朝5時半に出発。 フリーウェイを走っていると日が昇ってきました。目論見通り、I−405、I−10ともに渋滞なく無事にSantaMonicaでPCHに。 上は風止めのインナーを装着したメッシュジャケットに、下はパッチとバイク用ジーンズの井出達。PCHは海沿いですので結構気温が低く、最低は14度くらい。 自動車化が足りてないGX750は、風が回り込んで寒い。こういう時はGLを手放したのが悔やまれます。GXの最適ペースの50〜55MPHで巡航。それ以上出すとカウルの共振で煩いので。 このペースだと半分以上の車には抜かれますが、競争してもしょうがないし。 海沿いはこの時間日陰が多くて、停まっても寒いのでOxnardの手前でPCHを下りたところで休憩。





朝食抜きですので、リンゴを齧って飢えをしのぎます。今回、一袋持参したのですが、各所で丁度良いスナックになった。主食はインスタントラーメンなどで不健康なので補う意義もあり。

結局、フリーウェイ走行を極力避けて、以前にも通って勝手知ったる田舎道ルートでOjaiに出ることに。とは言うものの、詳細は忘れてますので各所でグーグルマップのお世話になりました。 GPSで現在地が即分かるのはやはり便利だね。ルート入力とかやり方知らないし、面倒なので、どこで曲がれとかの指示は出ませんが、そこまでやったら半自動運転で味気ないでしょう。 老年ライダーはオールドスクールにルートは地図見て自分で判断がいいよ。

ということで、何度か道端に停車して、スマホで現在位置確認しながら、辿り着きました、BalcomCanyon。


ここは2008年にサイドカー付きのGXで最初に通って、その後2016年にGLに2人乗りで通って、今度が3回目。



峠を下ってSantaClara川沿いに南下し、橋を渡ってSantaPaulaの街を通り、SR150でもう一山越えてOjaiを目指す。この辺り、Camarilloにしろ、SantaPaulaにしろ、Ojaiにしろ、カリフォルニアがスペイン領の 時に出来た街だろうから、街並みが美しいです。昔テレビでカリフォルニアのミッションが建てた古い教会巡りをするのがあったけど、それもいいかもね。

久々のOjai峠。






流石は平日の早朝、Ojaiの街の目貫通りも、余裕で駐車出来る。やっぱり自由人はいいよなあ。




たまたまバイクを停めたところが、和風ハンバーガー屋の前でした。開いてるみたいだったので、珈琲でも、とも思ったけど、やっはりパス。(笑)

ここまでのルート図


8時32分、Ojaiの街外れで給油。112.6マイルで2.464ガロンなので46MPG(リッター19キロ)

ここからSR33でLosPadres山地に登って行きます。懐かしのWheelerGorgeキャンプ場で小休止。キャンプ場は開いてるみたいで、満杯の看板が出ていた。 まだコロナでサイト制限してるのか、それともフルに満杯なのか?


SR33は、2016年にGLで来た時のような大規模な道路工事はなく、短い片側通行が1カ所だけ。2016年のような酷暑でもなく、気温は20度以下でした。 以前はいい景色だと思ったのに、今はそれほどでもなく、あっという間にPine Mtnの登り口のある峠に到着。またリンゴ齧って休憩。







北方を望む。浸食された山肌が、BorregoBadlandsを思い出させます。あのへんもまた行かないとなあ。今は酷暑だから晩秋くらいだな。




峠を下り、平地に出た。時刻は10時くらい。ひぇ〜、このまま真直ぐ行ったら、昼前に目的地に着いちゃうよ。流石は朝駆けしただけのことはある。
ということで、最初の分岐で停車してまたグーグルマップ。奇しくも2016年にGLで停車したのと同じ場所だった。あの時はここから引き返してWheelerGorgeでキャンプしたのだった。

今回は分岐を右折して東に向かいます。BitterCreekNationalWildlifeRefugeなるものに行ってみよう。一山越えて開けたところで停車。






この後、また工事で片側通行。先導車の後を数マイルは走らされたか。陽射しが強く、速度が出ないと暑い。気温は20度台前半なんだけど。

LakeOfTheWoodsでSR95に当たって左折。今度は西に向かいます。登って行くと丘陵地帯になり丘の稜線を走るようなワインディングになりました。 お腹も減ったし、停まって昼食にしたいんだけど、道路脇の空き地はダートばっかりで、土が柔らかそうでGXでは危ない。ひたすら走って左側にやっと停まれた。


やれやれ、やっと昼食。野点でカップラーメン。




久々のソロツーリング、最初はいつもの相棒が居ないのでちょっと寂しかったけど、旅心がついて平常心に戻りました。

のんびりと食休み後、出発。BitterCreekNationalWildlifeRefugeに来たけど、単なる丘陵だった。乾き切って、春先の阿蘇とか草千里みたいな感じ。 こんなところにWildlifeなんて居るの? 遠くで枯れ草を食んでいる動物は・・ 野生馬かと思ったら牛だった。(苦笑) これじゃあ単なる放牧場なんだけど・・

下って、SR166に当たります。右折してすぐに、CarrizoPlains左折の看板。でも、そのまま直進してMaricopaまで下って給油することに。増槽があるので必要はないんだけど、 まあ、どうせ時間は余ってるし。下ると気温が上がりMaricopaは26度くらいだった。

112.7マイルで2.354ガロンなので、48MPG(リッター20キロ)

10マイルくらいの登りを引き返して右折。いよいよキャンプ地間近。一部ボコボコの簡易舗装みたいな道を進んで行ったら・・




もうちょっと行くと案内図もありました。なるほど、一番奥のSodaLakeというのが見どころなんだな。その名の通り、アルカリ分が結晶になってるみたい。 その他、サンアンドレアス断層もある。取りあえず一番近くのTraverRanchを目指します。昔居た牧場主の家の廃墟があって内部も見られるんだそうな。

しか〜し、ちょっと行くと舗装は終わりダートになってしまった。ところどころ洗濯板ギャップがあり物凄い振動。1〜2速でそろそろペースとなって 行けども行けどもTraverRanchが出て来ない。ジープ1台とすれ違った以外は誰もいない。ちょっとした砂地でフロントを取られてコケそうになるし、振動で ネジが緩んでカウルの補強ステーが外れかけるし、いい加減適当に脇道に逸れてテント張ろうかと思ってるとまた簡易舗装になったので気を取り直して続行。 そのうちにやっと行く手に建物が見えてきた。到着するとトイレが開いてるだけであとはフェンスがあり入れない。な〜んだ、こんな処かあ・・

あとは、隣の空き地に朽ち果てた昔の農機が並べてあるだけだった。(苦笑)


更に先に進みますが、すぐにダートになったので引き返します。TraverRanchを過ぎてちょっと行ったところで脇道(勿論ダート)に右折。 3〜400メートル入って左側に平坦地があったので、よし、この辺にしよう。バイクで乗り入れられるか歩いて確認。地面は固くてスタックすることは無さそう。

ということで、到着〜 早速ビール。

テント張り終えたら4時くらい。こんなもんかな〜




気温は23度くらい。風もあり涼しいけど、陽射しが熱いので、テント内で過ごします。ご近所は・・・ 遥か遠く、2キロくらい先にモーターホームらしきが見えるだけ。

凍らせてクーラーバッグに入れてきたビール、まだ凍ってます。そうなると融かすのが面倒なんだけど。3缶飲んで、さて夕食にするか。これも冷凍のつくね団子をお湯で温めて食べるだけ。 なかなか旨い。次はこれも冷凍のパエリア。フライパンで温めて、美味しく頂きました。持ってきたビール5缶を飲み干して、そのまま寝てしまった。目が覚めたら夜中の1時。 小便に起きると、天の川と星々が良く見えている。

気温は結構低くて15度くらい。昔北海道で使ったダウンのシュラフで暑くもなく、寒くもなく。すぐまた寝たけど、色んな夢をみました。バイクが故障する夢も。(苦笑)正夢にならないといいけど・・・

本日の走行距離: 250マイル(400キロ)

後半のルート図




Carrizo Plain National Monument 全図


2021年6月12日(土)

4時ころ目が覚め、もう一度寝て、起きたら明るくなっていた。6時前に起床。雉打ちは、何かの動物が掘った穴が沢山開いてるので、1つ拝借。(笑)

珈琲を淹れます。


この水バッグ、eBayで見つけたのですが、5L入りで分量で大きさが変わるので、バイクに積むには便利。
で、朝食は・・・・

当然インスタントラーメン。(笑) まだバイクキャンプのリハビリ中ですから、気の利いたことはしません。


でも、セルフィ―はやります。(笑)
今日日は三脚にセルフタイマーじゃなくて、セルフィ―だよな。セルフィ―スティックも以前買ったのだけど、全然使ってない。今度練習しないと。




もう一杯珈琲を淹れて、飲みながら片付け開始。なんだかんだで、出発は8時過ぎとなりました。昨日走ったダートを当然また戻らないと・・・ 洗濯板ギャップが鬱陶しいのは言うまでもなし。また砂地でフロント取られてコケそうになった。コンチネンタルのこのタイヤ、スリックに排水溝が切ってあるみたいなバターンなので、 ダートは全然ダメですねえ。砂地って言ったって、見た目でもほとんど分からないくらいの僅かなところで、ちょっとカーブしてるだけなのに、いきなりフロントが切れ込むんだからなあ。 若かりし頃、レンタルのXJ750でオーストラリアのアウトバックでStuartHwyのダートを100キロ以上走ったのが信じられない。エアーズロック周辺では深い砂地を何十キロも行ったのに。

辛くも簡易舗装に辿り着き、漸く5速までシフトアップ。SR166に当たって右折。制限速度の55MPHで巡航。これなら後続の車に文句は言わせませんから。 まあ、当然チャンスがあれば車はあっという間に抜き去ってゆくけどね。

4マイルくらい走って、SR33に左折。これが当初予定していた道です。前回GLでも走れなかった区間。嗚呼、やっと走れた。

左右に山のある間の開けた平地をほぼ真直ぐに進む道。左右には農家や干し草が積んであったり、北海道の大雪国道のような雰囲気。

写真撮りませんでしたので、グーグルから拝借。


気温は相変わらず20度以下で快適です。 最初は5速3500回転で55MPHで巡航していたのですが、ちょっと回転を落とすと共振音が減って静かになるので3000回転ちょっとで50MPHに変更。 土曜日ですので対向車線を走るバイクもチラホラと増えて来ました。手を上げて挨拶。(ピースは出しません・・笑)

いや〜、ずっとこういう道だったらアラスカまで行くんだけどなあ。リタイアして暇が出来れば、フリーウェイ使わずに平日に裏道繋いでのんびり、ってパターンですね。 あとは、キャンプ場が普通にオープンになって予約なしで泊まれるようになれば。

昨日右折した分岐に気付かぬまま、LosPadresの山地に掛かり峠を登ります。対向バイクもどんどん増えてきた。登り切って山地上を緩いアップダウンで南下。相変わらず道端に停まるのに舗装が無いので戸惑います。 何度も空き地をやり過ごして、よし、ここなら安全だろう。


沢には川は流れてないけど、伏流水脈はあるようで緑が鬱蒼としてます。またリンゴを齧っているとチャリダーも登って行きました。チャリダーはその後も沢山見掛けた。



この時点ではまだ20度以下の気温だったのに、ちょっと行くと急に暑くなった。温度計は28度。また道端に停まって、メッシュジャケットのインナーを外し、パッチを脱ぎます。幸い着替え中は誰も通らなかった。(笑)
WheelerGorgeを通り過ぎると、道路から見えるサイトはかなり埋まってます。やはり全サイトオープンなのかな?

下りきって昨日と同じOjaiのスタンドで給油。

走行距離101マイル、1.989ガロンで51MPG(リッター21キロ)!
やっぱり田舎道はいいなあ。

OjaiからCA33でVenturaに出て、I−101を東へ。一番右側の車線を60MPHくらいでゆっくりと。OxnardでPCHで下りるつもりだったのに、PCHともRoute1とも出て無くてやり過ごす。 Camarilloに入ったと出てきたので次のExitで下りて、またグーグルのお世話になりながらLosPosasRdで南へ。昨日下りたところでPCHに合流。あとはひたすらPCHを走るのみ。

晴天の土曜日なので、海水浴客で混んでます。例によって道端に駐車したい車のために右側車線はいきなりブロックされる。左側は流れが速いので出来るだけ走りたくないのだけど、臨機応変で。 ツーリングバイクもてんこ盛り。数十台のグループを3〜4も見かけるし。Malibuから先は更に狂気の様相ですが、沈着冷静に、忍耐強く、切り抜けます。I−10からI−405に乗るところでとうとう渋滞。 すり抜けだ〜 そのままI−405も渋滞なので更にすり抜け。ヘッドライトの明滅器はこういう時に役立ちます。半分くらいの車は驚いたように間開けてくれますからね。 HOV車線が40MPHくらいで流れだしたので、それに乗りますが、更に流れて70MPHになってしまったので、止む無く一番右の遅い車線に。そしたらまた渋滞で一番左のHOV車線へ、と忙しい。 最後は狂気のように70MPHでI−110に乗り、無事にフリーウェイ走行終了。ったく〜、最後は必ずこれだからなあ・・ 田舎に住まないとダメだ・・・

家の近くのスタンドで給油: 奇しくもまた101マイルで、2.12ガロンなので48MPG(リッター20キロ)

1時半に無事に帰宅しました。

本日の走行距離: 179マイル(286キロ)

帰りのルート図



全走行距離: 429マイル(686キロ)



戻る







inserted by FC2 system